人探しは料金トラブルが多く被害額も高額になるので、
安心のcif連盟にご相談下さい

マッチングアプリなどで「名前だけの出会い」で人探しの難易度アップ

昔の人探しといえば「初恋の人」や「お世話になった昔の知人」を探して欲しいなどでした。

最近では、マッチングアプリやゲーム系アプリで出会い、顔も名前も知らない相手についつい「お金を貸したり」「よくわからない契約」「仮想通貨への投資」などで言葉巧身に騙されて、音信不通になって慌てて「名前しかわからないが人を探して住所を特定してほしい」というケースが増えております。

cif連盟

人探し調査は、cif連盟が直接受任します。

人探しは探偵の専売特許です

SNSが発展した今でも人を探すことは困難を極めます。個人情報保護法があり聞き込みを続けても情報はかんたんには出してもらえません。
ですが、cif連盟なら独自の情報網からで探し出すことが可能です。(他社で断られた案件もご相談ください)

単純な人探し(知人や友人)

基本料金:38,000円着手金:0円〜成功報酬:50,000円〜

年月が経てば連絡先の紛失等で連絡が取れなくなってしまうことがあります。「あの人はいま何しているのかな?」このような時は探偵におまかせください。

  • 同窓会に昔の恩師を呼びたい
  • 音信不通の友人を探したい
  • 初恋の人探し
  • 実家がなくなっている幼馴染を探したい
  • 離婚した生き別れの親に会ってみたい
cif連盟

確実な情報があればそれほど難しいことではありません。

失踪人(家出人や失踪人)

基本料金:38,000円着手金:100,000円〜成功報酬:300,000円〜

家出や失踪した方は意図的に自身の痕跡を消していることが多く探し出すことは非常に難しいです。また警察は事件性がなければ動いてくれませんが。ここで探偵なら探偵情報ネットワークを駆使して捜索いたします。
※ DVやストーカなどの被害者保護による人探しは公序良俗に反する行為ですので、調査はお受けいたしません。

  • 親族や配偶者の家出や失踪
  • SNSで知り合った人が突然音信不通に
  • 養育費が滞っているので探してほしい
  • お金を貸した相手が逃げた
  • 付き合っている人が突然消えた

過去の人探しの事例と料金

過去の人探しの事例をお持ちの情報と実際にかかった料金をご紹介します。

40年前に別れた男性と話がしたい
着手金20万円+成功報酬20万円

情報:30年前に職場の名刺のみ。

60代女性

40年前に別れた男性との子供が40才になり、自分も若くないので最後の心残りである3人で話がしてみたい。

人探し調査の過去の事例はこちらから

    必須調査目的
    (調査をする目的)
    必須情報の年数
    (何年前の情報?)
    任意お持ちの情報
    (選択ください)
    氏名(漢字フルネーム)氏名(フルネーム)氏名(名字のみ)わからない
    任意お持ちの情報
    (選択ください)
    写真あり写真なしわからない
    任意お持ちの情報
    (選択ください)
    生年月日(確実)生年月日わからない
    任意お持ちの情報
    (選択ください)
    携帯番号携帯番号(解約)わからない
    任意お持ちの情報
    (選択ください)
    旧住所(確実)旧住所(ざっくり)わからない
    任意お持ちの情報
    (選択ください)
    勤務先使っている電車現在住んでいる最寄駅現在住んでいる都道府県現在住んでいる市区町村わからない
    任意お持ちの情報
    (選択ください)
    実家一人暮らしわからない
    必須対象者との関係
    (選択ください)
    親族夫婦元夫婦恋人元恋人知人会社関係債務(借用書あり)債務(借用書あり)生き別れ育ての親元近所の人その他
    任意 お名前
    (あなたのお名前)
    必須お住まい
    (例:大阪府大阪市)
    必須お電話番号
    (例:0×012345678)
    任意メールアドレス
    任意その他
    (付加情報)