マッチングアプリでの結婚詐欺調査の依頼内容

結婚調査を依頼した60代の女性
40代女性

大阪府大阪市の40代の女性

40才までには結婚がしたくて30代後半からマッチングアプリを利用し相手を探していた。

    結婚がしたいからとマッチングアプリを使い婚活を開始、共通の趣味があったことから無事マッチングし連絡を取るようになる。

    6ヵ月間マッチングアプリでやり取りしていた男性と3ヶ月前から交際に発展したが、1ヶ月経った頃から経営している会社の資金繰りが悪化、最初は10万円貸して欲しいと言われ貸したがそこから会うたびにお金を貸し総額1,500万円に昇った。
    その辺りから連絡をしてもほとんど返信がない状態になり、会社の名刺に書いていた住所に行くともぬけの殻だったことから騙されていたことに気付いた。

    お持ちの情報

    • LINE
    • やり取りしていたマッチングアプリ
    • 写真

    結婚詐欺調査の費用

    項目内容(料金)
    結婚詐欺調査の料金704,000円
    調査期間14日間
    着手金
    成功報酬
    経費30,000円
    (アプリの使用料金)

    マッチングアプリでの結婚詐欺調査の依頼者からのコメント

    マッチングアプリで婚活をし結婚相手を探していた。少し焦っていた自分も悪かったともいますが、まさか自分が結婚詐欺にダマされるなんて思いもしなかった。

    信用して貸したのに最初から騙すつもりだったなんて…いま思うと怪しい点がいくつか思い浮かびます。騙されたとわかってから「結婚詐欺 大阪」で調べてすぐに相談しました。

    結婚詐欺調査の調査方法と調査結果

    対象者は他の女性にも被害を与えていたようでその証拠写真も撮影、証拠が全て揃ったことを確認し依頼者の弁護士に委任し借りた1,500万円と損害金500万円の計2,000万円を支払うことで示談成立。

    調査結果を依頼者さんにご報告

    まずは対象者の自宅を割り出すために呼び出したい。その時点では依頼者さまは連絡はとれなかったので、糸口はマッチングアプリだけ。複数のマッチングアプリで対象者のアカウントが存在していることを確認。調査員が対象者を接触する為にマッチングアプリで連絡をとってみた。
    カモだと認識させるために会社経営者で独身の設定で慎重にやり取りしたところ会う約束を取り付けた。
    合流する場所の下見を行い確実にヒットできるように調査員の配置を確認した。当日、警戒した様子で現れた。追跡の結果,対象者はIT系会社の主任ということが判明した。
    依頼者様さまは「ほんとうに頼んでよかった…ほんとに自殺しようかと考えたぐらいでした」。これから頑張ります!と言って帰って行かれました。

    cif連盟

    素人だったようで、痕跡の消し方やなりすましが下手くそだったために対象者の特定は比較的かんたんだった。

    結婚詐欺調査のその他の調査事例

    マッチングアプリ 人探し 債務(借金)調査 初恋人探し 失踪人 家出 既婚者かどうか 浮気相手の住所と名前 生き別れになった 結婚詐欺調査 結婚調査 詐欺調査

    → 結婚詐欺調査の料金や詳細について